毛穴?美白?肌のお悩み別洗顔料の選び方

1.ニキビ対策に効果的な洗顔料とは?

ニキビ対策ではできるだけ肌に刺激を与えないことが最大のポイントとなります。すでに炎症を起こしてしまっている状態なのですから、余計な刺激を与えるとますます悪化してしまうからです。

ニキビ対策に効果的な洗顔料を選ぶ時でも低刺激かが重要

くすみ洗顔料口コミ

ただその一方で炎症の原因となっている雑菌の繁殖を防ぎ、毛穴の汚れを落として清潔な状態を維持することもニキビ対策の大事なポイント。

 

洗顔料選びはこの2つの点を考慮したうえでうまくバランスがとれる製品を選んでいくことが必要なのです。

 

まずやはり低刺激なものを選ぶこと。安価で洗浄力に優れた製品の中には石油系の合成界面活性剤など肌に負担をかける添加物が配合されているものが多く見られます。また泡立ちをよくするために添加物を配合している場合もあるので注意しましょう。

 

基本的に洗顔フォームや泡タイプの洗顔料は手軽に利用できる一方、洗浄力や肌への負担が大きい傾向があるのでニキビ肌の方はより刺激が少ない石けんタイプを選んだ方がよいでしょう。石けんタイプは低刺激なうえに粒子が細かく吸着力に優れた泡を作れるのでニキビ対策にピッタリです

 

細かい粒子が毛穴の奥にまで入り込んで雑菌のエサになっている毛穴を詰まらせている皮脂や古くなった角質をしっかり除去することができます。

ニキビ対策で洗顔料を使用する際は殺菌・抗炎症作用のある成分が入っているか確認

くすみ洗顔料口コミ

それからニキビそのものにアプローチする効果を備えているかどうか。雑菌の繁殖を防ぐためには殺菌成分や抗炎症成分が重要な役割を果たします。サリチル酸のような殺菌成分、グリチルリチン酸ジカリウムなどの抗炎症成分が配合された洗顔料を探してみましょう

 

ただこれらの成分は肌に刺激を与える可能性もあるため、ニキビ対策用に作られた洗顔料の中から選んでいくのがオススメです。

 

ニキビ肌の方はもともと肌環境が不安定な状態にあり、ニキビが治った後もちょっとした刺激にすぐに炎症を起こしてしまう傾向があるため、肌環境を安定化させる効果を備えた植物由来のエキスなどにも着目して選んでみるとよいかもしれません。

 

このように、あくまで低刺激をメインにニキビ対策にうまくアプローチしていける洗顔料をうまく選んでいきましょう。ニキビ肌用の薬用石けんなども売られていますから、少々選択肢が狭くなるもののそうした製品の中から選んでいくのもひとつの選択肢です。

くすみ解消に使ってみたい洗顔料口コミ人気ランキング

2.毛穴の黒ずみ対策に効果的な洗顔料とは?

毛穴の黒ずみ対策のポイントは2つ、黒ずみの原因となっている毛穴の奥の汚れをしっかり除去することと、肌に余計な負担をかけないことです。黒ずみができてしまっている肌に余計な負担をかけてしまうと炎症やニキビといった新たなトラブルの原因になってしまう可能性もあるからです。

毛穴の黒ずみ対策に適した洗顔料は毛穴の奥まで入り込ほど粒子が細かい洗顔料

くすみ洗顔料口コミ

まずは毛穴の奥の汚れをしっかりと落とすこと。そのためにも洗浄力に優れた洗顔料が求められるわけですが、大事なのは毛穴の奥にまで浸透して汚れを落とすことができるか。

 

その際のポイントとなるのが泡の吸着力と粒子の細かさです。泡立ちがよくないと表面の汚れだけを落とすだけで終わってしまいますし、粒子が大きいな泡だと毛穴に上手く入り込めないので汚れが落とせません。

 

毎日しっかり洗顔をしているのに黒ずみがなかなか改善できない…という悩みを抱えている方は毛穴の奥の汚れをうまく落とせずにいるケースも多いのです。

 

この吸着力に優れて粒子が細かい泡を作れる洗顔料は石けんタイプによく見られます。逆に洗顔フォームや泡タイプは手軽に泡立てられる一方、泡がすぐになくなってしまったり、毛穴の奥まで浸透しにくいものもあるので注意が必要です。

毛穴の黒ずみ対策でも殺菌・抗炎症作用のある成分が入った洗顔料が役立つ

くすみ洗顔料口コミ

また、洗顔フォームと泡タイプの中には泡立ちをよくするために添加物を配合している製品もあります。

 

石けんタイプは泡立てるのに手間がかかりますがその分黒ずみ対策に効果を発揮するので優先して選んでみましょう。竹炭やクレイ(泥)など粒子が細かく毛穴に入り込みやすい洗浄成分を使用しているものがオススメです

 

もうひとつのポイントは肌に負担をかけずに雑菌の繁殖を抑えることができる製品を選ぶことです。この点は洗浄力よりも殺菌成分や抗炎症成分が配合された製品を選んだり、免疫力や回復力といった肌の健康状態を改善する効果を備えた製品を選ぶことが大事です。

 

サリチル酸やグリチルリチン酸ジカリウムといった殺菌・抗炎症成分、ビタミンCや酵素といった健康な肌作りに役立つ成分が配合された洗顔料をチェックしてみましょう。

3.美白ケアに効果的な洗顔料とは?

洗顔料で美白ケアを行っていくことも可能です。ただこの点は美容液のように美白成分で対策を行っていくだけでなく、肌環境を改善していくことも視野に入れながら適切な美白洗顔料を選んでいくことが重要な鍵となります。

美白洗顔料選びでは配合されている美白成分が自分に合うかを確認

くすみ洗顔料口コミ

美白ケアといえば美白成分ですが、美白成分には効果が高ければ高いほど肌への負担が大きいという大きなポイントがあります。

 

ですから効果だけでなく刺激や肌との相性も考慮したうえで適切な製品を選んでいく必要があるわけですが、この点は洗顔料においてとくに重要になります。

 

もっとも肌が無防備な時に使用する洗顔料に刺激の強い美白成分が含まれていると美白ケアどころかかえって肌環境を悪化させてしまう恐れがあるからです。

 

実際美白効果を備えた洗顔料を発売しているメーカーでも美白美容液に比べて低刺激な美白成分を配合している傾向が見られます。

 

ですから、まず美白成分が自分の肌に合っているのかどうかを確認しておきましょう。乾燥肌や敏感肌、年齢肌といった悩みを抱えている方はとりわけこの点が重要なポイントになります。ビタミンC誘導体やプラセンタエキスなど低刺激な美白成分が使用したものを優先して選んでいきましょう

美白洗顔料の基本的な役割は肌環境の改善

くすみ洗顔料口コミ

また美白洗顔料は美白成分の効果が弱い一方、肌環境の改善を重視したものが多いのが特徴です。

 

シミやくすみはメラニン色素の過剰な生成と沈着によって生じるわけですから、メラニン色素が作られにくく、沈着を起こしにくい肌作りを行っていくことでも美白ケア効果が期待できるわけです。

 

そのためバリア機能を高めるための保湿成分やターンオーバーを活性化させる成分を配合した洗顔料もあります

 

シミやくすみだけでなく乾燥肌や敏感肌の悩みを抱えている方は美白成分よりもこちらの効果の方を重視して製品をピックアップしていくとよいでしょう。

 

あとは美白美容液や美白乳液の効果を高めるのに役立つかどうか。簡単に言えばこれらの製品に含まれている美容成分の浸透を高めるのに役立つかどうか。そのためにも毛穴の奥の汚れをしっかり除去できること、肌を柔らかくして毛穴の柔軟性を高めることが大事です。こうした点も考慮しつつ、トータルな美白ケアに効果的な洗顔料を自分なりの観点で選んでいきたいところです。

くすみ解消に使ってみたい洗顔料口コミ人気ランキング

くすみ解消に使ってみたい洗顔料

然 (しかり)よかせっけん 編集部オススメ!

クレイ洗顔料おすすめよかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料
1,800円・税別/定期コース1,705円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

ポーラDソープ 編集部オススメ!

くすみ洗顔料口コミDソープ

ねっとり吸着泡がくすみ・毛穴汚れを絡めとる!濃密感がクセになる洗顔料
2,700円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

いつかの石けん

酵素がガンコな黒ずみ・毛穴汚れを分解・吸着!老廃物オフにこだわった洗顔料
1600円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!