くすみ解消に使ってみたい洗顔料口コミ人気ランキング

@コスメや楽天レビューなどを参考にくすみ解消に評価の高かった洗顔料を独自に選んでみました。掲載した口コミは各公式HPまたはレビューサイトから一部抜粋させて頂きました。

ポーラDソープ

ねっとり濃密泡が汚れを絡めとる!吸着力を実感できるポーラの人気ソープ

ポーラDソープ

粘りのあるクリーミーな泡が短時間でたちます。濃厚な泡だけど流すときにしつこくないのが良いです。穏やかな香りも心地よい。手の上で軽く石鹸を転がすだけでモコモコと泡立つから、なかなか減らず長持ちするのも長所です。洗った後の肌は、するっとなめらか。内面がうるおっているというか、やわやわもちもちとした感じが続きます。

大人の毛穴の悩みに着目した植物由来成分配合の洗顔石鹸です。ポーラオリジナル保湿成分ゴールデンニームやキイチゴエキスなど10種類の保湿成分を配合されているのが特徴です。高分子保湿成分配合の濃密ねっとり泡が短時間で作れ、肌内部の汚れまで絡め取ります。くすみを作り出してしまうコラーゲン分解酵素と言われる老化因子を『捨てて』『無くす』ことに着目していて、くすみや小ジワが気になりだしたエイジングケアに適した石鹸です。
100g2,700円・税込

二十年ほいっぷ

3分に一個売上!20年かけて作られたくすみ専用洗顔料

二十年ほいっぷ

泡がモコモコでした!専用のネットで泡立てるとすぐにモコモコの泡ができるし、手で泡立てても簡単にふんわり泡ができるので、やさしく洗顔することができました。洗い上がりも肌のつっぱりはなく、ピリピリとした感覚も全くなく、とても気持ちよかったです!しばらく愛用したいと思います!!

直火釜練り製法により作られたくすみ専用洗顔料です。北海道で二十年以上も石けんを研究し続けている職人さんによって作られたことがネーミングの由来で、主成分に使用されている成分に「ホエイ」(チーズを作る過程でうまれる成分)が配合されているのが特徴です。ホエイは栄養素、美容成分を豊富に含んでいて、角質層にしっかりと水分を送り保持する力に優れいます。くすみ自体はもちろん、しみ・シワ、キメの粗さが目立ってしまう方におすすめです。
120g1,86円・税別

あきゅらいず 泡石(ほうせき)

もこもこ泡の全部が保湿成分!東洋ハーブの潤いと優しさが心地よい洗顔石鹸

あきゅらいず 泡石(ほうせき)

きめ細やかな泡でやさしく洗えて大好きな洗顔石鹸です。泡がたくさんできるので体も泡石で洗っています。軽いメイクならこれ1つで大丈夫です。洗いあがりもしっとりで、使い続けていると肌が10歳くらい若返ったようでうれしくてどんどん触りたくなっちゃいます!ただ、もう少し価格が安くなるとうれしいです。

保湿成分が豊富な東洋ハーブが10種も配合された肌に優しい洗顔石鹸です。世界的研究機関と共同研究で生まれた真っ黒なエキス”草根木皮たまり”をベースに水抽出法という薬剤を使わない製法で10種類の東洋ハーブをじっくり丁寧に抽出しているのが特徴です。肌に優しい成分と製法でありながら、軽いメイク程度であれば落とすことができるので、肌に負担を掛けたくない乾燥・敏感肌の方から高評価を得ています。くすみ・しみ・しわ・毛穴・ニキビなど幅広い肌トラブルを解消したい方におすすめです。
初回限定お試しセット1,380円・税込(泡石10g・優すくらぶ10g×2本・秀くりーむ10g)

鼻の黒ずみ洗顔料あきゅらいず

ブライトニングソープ

ギュッと詰まった海の酵素!専門皮膚科医と開発された美白石鹸

ブライトニングソープ

しっとりと潤いを保ちながらもスッキリする使用感です。朝の洗顔にはもちろん、クレンジング後にも問題なく使えます。落とし切れなかったメイクまでも、きっちり落としてくれるんですよね。くすみの原因となる古い角質なども除去出来るので、それが結果的に美白にも繋がるんだと思います。実際に私の肌、前より透明感が増してきてます!

マリンプロテインエキストラクト(海洋複合酵素)を中心に、植物エキスやコエンザイムQ10などの美肌成分が贅沢に配合された洗顔石鹸です。海洋複合酵素がお肌の角質層に浸透し、洗顔効果を高めるだけでなく、美容成分の高い保湿力でお肌に潤いを与えるのが特徴です。ホイップしたようなきめ細かな弾力のある泡立ちが粘着剤のようにメイクや古い角質、くすみも取り除きます。汚れやくすみをしっかり取り除きながら潤いはしっかり保ちたい方におすすめです。
1260円・税込/オトクな特典付定期コース・セットコース有

 

※価格やキャンペーン情報などは変更している場合がありますので公式サイトで最新の情報をご確認下さい。

 

 

くすみ解消に使ってみたい洗顔料の選び方

くすみは老化や紫外線といったさまざまな要因によって進行していきます。ですからスキンケアで改善を目指す場合には洗顔を含めた幅広いアプローチで行っていくことが重要です。

老化による肌のダメージが紫外線の影響を受けやすくする

くすみ洗顔料

ではくすみ解消を目的に洗顔料を選ぶ場合にはどういった点が重要になるのでしょうか。まず老化対策に役立つかどうかに着目してみましょう。老化の進行によって乾燥やバリア機能の低下といった紫外線のダメージを受けやすい環境が作られていきますから、洗顔料の段階でそれをうまくカバーするわけです。ビタミンC誘導体に代表される抗酸化作用のほか、ターンオーバーの活性化に役立つ成分にも着目してみましょう。また老化とともに肌環境を悪化させる作用を持つ物質が増加していくのもくすみの大きな原因のため、こうした物質の生成を抑制する効果を備えているかどうかも見ておきたいところです。

 

それから肌環境そのものの改善に効果が得られるかどうか。くすみはシミと同様メラニン色素の沈着によって起こるタイプのほか、乾燥や血行不良などによって生じるタイプもあります。ですから自分がどのようなタイプのくすみを抱えてしまっているかも考慮したうえで改善効果が期待できる洗顔料を選んでいきましょう。最近ではメラニン色素の生成を抑制する美白成分を配合した洗顔料も登場しているので有力な選択肢となるはずです。乾燥によるくすみの場合は保湿効果、血行不良の場合は血行改善に役立つ効果が期待できる製品を選んでいくことになります。

泡立ちが良く、毛穴の汚れを掻き出せる洗顔料を選ぶ

くすみ洗顔料

ただしそれ以上に重要なのはやはり肌に負担をかけずに汚れを落としていくことができるかどうかです。くすみは感想や老化によるバリア機能の低下が伴っていることが多いですから、まず肌に負担をかけずに洗えるかどうかが大前提となるわけです。また毛穴の汚れをしっかり落とすことができるか。乾燥した肌は毛穴の柔軟性が失われて詰まりやすい状態になっていますから、泡立ちがよく吸着力に優れた粒子が細かい洗顔料がオススメです。毛穴の汚れを除去することでその後化粧水、美容液でのくすみ対策の効果を高めることもできるはずです。

更新履歴